2017. 9月. 23, 土曜日
 
韓国の最初のダブルデッカーの市内バスが正式運行を開始する
Busse News

韓国の最初のダブルデッカーの市内バスが正式運行を開始する

15. Oct. 2015
4
Busse News

韓国の最初のダブルデッカーの市内バスが正式運行を開始する

15. Oct. 2015
4
Deutsch URL English URL   

永遠の夢、ダブルデッカー
韓国はダブルデッカーの不毛地に相違がない。韓国初のバスが運行されて以来、韓国のバスは、小さいサイズで12m級でサイズだけ大きくなり、英国のようにダブルデッカーやヨーロッパのように屈折バスなどで派生していなかった。だから韓国人はダブルデッカーの幻想を持っていることもあって、東京の対象になったりする。
90年代初頭、ソウルでは、市内バスの混雑を解消するためにダブルデッカーを試験運行する。当時果川〜ソウル市庁路線でダブルデッカーバスを運行したが、断層バスを基準にし、道路やトンネルが設計されたためダブルデッカーがスムーズに運行するには困難が多かった。
しかし、2015年、ダブルデッカーが韓国で正式に運行する。京畿道金浦市からソウル市内まで運行する広域バス路線に二階建てバスが投入されて運行される。 京畿道と京畿開発研究院は、昨年末アレキサンダーデニス(ADL)のEnviro500ダブルデッカーを試験運行してダブルデッカーの可能性を確認した後、すぐに正式運行に入ることができるよう公式入札に入った。韓国の法規制が車高4mまでに制限さに応じて、それに合うように特別に設計されたダブルデッカーを導入してこそだった。

b8rle_01.jpg

Volvo B8R

今回導入された車両は、ボルボのバス製品でスウェーデンのボルボバスのB8RLEシャーシに台湾大吉バスがボディビルをして完成された車両である。韓国では、法的に総合自動車製作会社だけ認められるので、ボディビルディング(Bodybuilding)もしくはボディビルダー(Bodybuilder)という概念が多少不慣れである。


しかし、世界的にバスを製作するボディビルダーは、無数多く、その中に実力をかなり備えているメーカーも非常に多い。
総合自動車メーカー(メルセデス・ベンツ、MAN、ボルボ、スカニア、現代自動車、大宇バスなど)は、自社工場で完成品で生産されたバスを販売したり、車両の下部シャーシだけでも販売する。 世界中に散らばっているボディビルダーは、これらの下部シャーシを購入して、最終的完成されたバスを直接販売したりして場合によってメーカーの要請により製作、納品をすることもある。 下の画像を参考にすれば、自動車メーカーやボディビルダーの概念を簡単に理解することができる。

illustrate_bodybuilder.jpg

通常ボディビルダーで生産された車両は、ボディビルダーの業者名と、独自のモデルを書くのが一般的である。これによると、車両名は "大吉バスB8R」と呼ばれることが一般的な慣例や、韓国では昼間ソルギもしてサプライヤーの要求に応じて、「Volvo B8R」に記載する。京畿道は、1次事業で9台のダブルデッカーバスを2015年に運行する計画であり、2016年第2次事業を介して追加で16台の車両をより導入する計画である。

 

車両の詳細紹介

ボルボB8Rダブルデッカーは、全長13mの72人乗り都市型2階建てバスで、全高3,995mmの全高で製作された。市内バスで使用されているダブルデッカーでは、ほとんど4.2〜4.4mの高さで製作されているものと比較してみると、大きな違いがあることを知ることができる。製作会社側は高さを下げる一方、室内の高さを最大限に確保して居住性を高めるために多くの努力を傾けたという。ボルボバスの公式代理店を務めているテヨンモーターズでは、屋内床を通常の合板ではなくアルミニウムと防音材で製作し、室内高さ約20 mm程度を追加で確保したと説明する。同じB8Rシャーシを使用して製作された釜山、麗水シティツアーバスUNVI URBIS DDの場合は室内高価1、2階がそれぞれ1,800 mm、1,680 mmであり、試験運行に使用されたADL ENVIRO500の室内高は1,950 mm、1,710 mmである。ボルボB8Rダブルデッカーの室内高は1,820mm、1,700mm

B8RLE_doubledecker_interior.jpg

仕様

搭乗定員(人)

75(2階59+1階13+運転席1)

全長(mm)

12,990

全幅(mm)

2,490

全高(mm)

3,995

室内高1/2階(mm)

1,820 / 1,700

ホイールベース1/2(mm)

 

オーバーハング 前/後(mm)

 

シャーシ

Volvo B8RLE(Low-Entry)

エンジン

Volvo D8K 350 EURO6

最大出力

350 hp @ 2,100~2,200 rpm

トルク

1400 N·m @ 1,200~1,600 rpm

排気量(l)

7.7

トランスミッション

ZF Ecolife 6段自動

サスペンション

Air-Suspension

タイヤ

295/80R22.5

燃料タンク

 

B8RLE_Doubledecker_dashboard.jpg

車両製作に使用されたB8RLEシャーシは、ボルボのバスで開発されたインターシティ(Intercity)バス用シャーシである。Low-EntryとSDの2種類に供給されるがSDのB8Rシャーシはコーチ(高速、長距離バス)用にも使用されている。B8Rシャーシは7.7リッターエンジンを使用しており、先代のB7R、B9Rの代わりに開発されたシャーシである。

B8RLEシャーシはB7RLE、B9RLEシャーシの代替用として開発され、2013年から生産、供給されている。このシャーシを使用して生産されているバスは、ボルボ8900LEインターシティ用車種があり二階建てバスの用途に使用された場合はほとんどない。

Arriva_7772_Volvo8900LE.jpg

(Phtoto : The Original 8900LE using B8RLE chassis from Volvobuses / Source from https://de.wikipedia.org/wiki/Volvo_8900#/media/File:Arriva_7772-III.JPG)

 

B8RLEシャーシはD8Kエンジンが搭載されており、280馬力、320馬力、350馬力にそれぞれセッティングが可能である。変速機は、ボルボのZF EcolifeとVoith Diwa.6自動変速機の中から選択をすることができる。

フロントアクスルはVolvo RFSその象形ビームアクスルであり、後輪はシングルリダクションアクスルが使用されている。後輪がローフロアのアクスルがないので、車両の中間から後半まで室内に階段があるスタイルになる。

ヨーロッパでは前輪、後輪の両方ローフロアのアクスルを使用して、室内に階段がないLow-Floorバスと車前部のみローフロアであり、後半では、高いLow-Entryタイプを明確に区分している。


LEタイプのバスが持つ利点は、Low-Floor低床バスの比較制作単価を下げることができ、車両の整備コストの削減も期待できるという点である。また、車両の特性上、インターシティ(Intercity市内 - 市外区間、市外 - 市外区間)のルートに運営するのに適している。したがって、京畿道の広域バスが持っている特性にもある程度満たしているといえる。しかし、あくまでもLEタイプのシャーシは、断層バス用途に開発されたので、二階建てバスで使用する場合は、車両の中間以降の部分は、使用できない結果を生むれる。
参考として、英国と香港などで使用されているダブルデッカーは、ボルボのバスのダブルデッカー専用シャーシB5LH、B5TL、B9TLなどを使用して製作される。

B8RLE_Doubledecker_rearview.jpg

難しい話やめて車を見てみよう。
外観は、国内車両に比べて退屈な姿をしており、室内部分も粗悪な構造とラフ仕上げが惜しいが、隅から隅まで乗客の利便性に気を使った痕跡を見つけることができます。 まず、座席ごとに設置されたUSB充電端子を見ることができるのに、向かい合う座席または前の座席がない座席もシート下面に端子を設置して、すべての桁での使用をできるように配慮した。また、降車ボタンも各桁ごとに設置されており、快適な乗り心地を向上させるために努力した姿が見える。 2階の座席は狭い座席間隔もリクライニングシートを適用して、長時間搭乗する乗客の利便性を高めている。

 

韓国のダブルデッカーは、今後どのようになるか?
車両導入事業が遅延されただけ製作および供給は迅速に行われた。しかし、韓国の情緒と基準に満たない部分がある。車両のデザイン、サイドミラー、室内モニター取付台などは、京畿道とバスの輸送の組み合わせでも改善の意志を明らかにした。そのほかにも、屋内の床が国内車両に比べて滑りやすく、安全のためにフローリングの変更が必要に見えて、中間のドアに設置された手動車いすのランプの長さが短い点も改善すべきものと思われる。京畿道の2階建てバスの導入に懸念の声もあるが、試験運行車両と実際の導入車両の違い、導入車両が急いで作られたという点、同じ車種の運行事例が皆無である点が指摘されている。

 

ソウル市の場合、2004年の屈折バスの導入を推進しながら、スウェーデンスカニア車両に試験運行を実したが、実際の運行にはイタリアイリスバス(イヴェコ)車両を投入した。イヴェコ車は運行当初から性能、整備などのさまざまな問題に運行に困難を経験した。
京畿道は、今回製作された車両の納期が迫っていた点について認知して以来、十分補完する準備を既にしていると明らかにした。また、最終的なプロバイダであるテヨンモーターズは2階建てバスが多くの部品をボルボトラックと共有しており、24時間出動整備サービスを介して部品需給問題と整備の問題に積極的に対応できるという自信を見せた。

B8RLE_Doubledecker_wheelchairramp.jpg


韓国のダブルデッカー
韓国の2階建てバスの導入の歴史は91年に上がる。ソウル - 果川間のルートに運用しようと3台のバスを2ヶ月間試験運行に投入したが、低く設置された道路施設のために正式に運行に失敗しました。導入された車両は、果川ソウルランドで運用している途中廃車、献血の家として使用した。
本格的に道路上で2階建てバスを見ることができたのは、2007年、ソウル市がシティツアーバスを導入しながらだ。最初に導入された車両は、ドイツネオプルラン社スカイライナーで都市型車両ではなく、高速型車両だったので全高は4 m未満であった。
以後、中国ヤングマンバスがネオプルランの技術を移転受けて製作したJNP6127S/ SCが現在、国内2階建てバスの絶対多数を占めている。
2014年アレクサンダーデニス(ADL)のEnviro500北米型車両が2ヶ月間の試験運行をした。2015年7月に京畿道2階建てバス事業を受注したテヨンモーターズ系列である釜山テヨンバスが自社のシティツアーのルートに投入するUNVI Urbis DDを輸入しながら、様々な競争構図を備えるようになっ。

 

取材:Ilmin Park
写真:Minsung Kim
編集:Wonho Choi
更新:2015年10月15日


About Our Magazine

Buslife is a Online Magazine especially for Bus Industries and Busfans. Since 2000, We have wrote many articles about buses in South Korea. From the year of 2012, Buslife has serviced for worldwide. If you have any question, please inform to me. wonho.choi (at) buslife.de

Login
Lost your Password?
Registration Login
Sign in with social account
or
A password will be send on your post
Registration Login
Registration