2017. 8月. 22, 火曜日
 
2016釜山国際モーターショー
Busse News

2016釜山国際モーターショー

24. Jun. 2016
Busse News

2016釜山国際モーターショー

24. Jun. 2016
Deutsch URL English URL   

6月3日から12日まで釜山BEXCOで2016釜山国際モーターショーが「未来の波、感動の技術」というテーマで開催されました。 25個の完成車メーカーと100以上の部品メ​​ーカーが参加した今回の展示会では、すべて230台の車両が展示されました。このうち商用車メーカーは、起亜(KIA)自動車、MANトラック・バス株式会社、エス・モーターズ、現代自動車の4社で合計15台の車両を展示し、チューニングメーカーであるノーブルクラッセで出品した1台の車を含めて、バスは7つのモデルが展示されました。大宇バスは残念ながら、過去2014年に続き、今年も参加しました。過去2014年に開催された釜山国際モーターショーでは、バスの分野で、起亜自動車のニューグランバードシルクロードと現代自動車のブルーシティCNGハイブリッドノンステップバスわずか2台の車だけが展示されてたんですが、今回の展示会では、より多くの観光スポットがていました。

バスライフでは、今回の釜山際モーターショーに展示されたバスとの連情報をメーカー別にまとめてみました。写真は、多くの係で2部に渡って載する予定です。
1部は出展者と車紹介、2部は、車の詳細紹介と写真で構成たいと思います。

 

現代自動車​

現代自動車は、今回のモーターショーでユニバースの新規トリムである「ユニバースエクスプレスプレステージ」を公開しました。ユニバースプレステージは高速バス社が新たに導入する高級高速バスの需要のためのもので、過去回のモーターショーを介してな座席の形態を見せてくれたコンセプトモデルの最終的な量産仕が出てきたのです。

DSC_8282.jpgプレステージトリムは座席をえたほか、外従来の車との差を置きました。存のノーブルとプレステージモデルの外見上の違いは、プレステージトリム人前面ガーニッシュに現代自動車マークの代わりに「Prestige」と書かれているBLU(バックライトユニット)が搭載されたものです。これは、日本行輸出車に適用したものと同じとみられ、際の市販される車では、運輸業者の使命など、容で交換することができると思われます。

DSC_8285.jpgフロント左下には、AEBS(自動緊急ブレーキシステム)のための測距レーダーを設置するため桁が作られています。 AEBSは、先行車の急制動況を自ら認知し、自動的にブレーキを作動させるので、緊急時に車と運手の被害を最小化する置です。韓政府は2018年から11m以上のすべての大型バスにAEBSを義務着できるようにする予定で、ユニバース前トリムに同じように適用される可能性があります。

DSC_8271.jpg

ユニバースプレステージのインテリアは、全く新しいコンセプトでデザインされた。旅客機ビジネスクラスレベルの客の座席を設置したのが最大の特で、プレステージモデルに着された座席は65°(存の優等バスの座席49°)までがる背もたれと座席と座席の間を選別する仕切り、仕切り板に設置されたインフォテイメントシステムとテーブル、USB充電口等が設置されて、長時間の移動時に客が快適で退屈しないようにする役割をします。座席背もたれとレッグレストは電動調節式でスイッチを使用してに姿勢をえることができます。また、座席の間のカーテンを介して隣の人の視線を遮して、個人だけの空間を作ることができます。

現代自動車は、ユニバースに加えて、ソーラーティー(輸出名:H350)を展示したが、各モーターショーに環境にやさしい都市型バスを欠かさず展示していた現代自動車が今回の展示にこれを展示していないのは意外だとすることができます。今回展示したソーラーティーは基本形、救急車モデル、右心室モデルなど、すべての3つのことを展示しました。他にもな特長車を屋外の駐車場に展示しました。

 

自動車

自動車は、商用展示館を用展示館と統合して運しています。起自動車の唯一の商用部分出品車は、ニューグランバードシルクロード「プレミアムゴールドエクスプレス」の高級高速型コンセプトモデルです。現代自動車が出したユニバースプレステージと同じように、高度な高速バスの需要をゴニャンした車が、正式に発売を宣言したユニバースとは異なり、コンセプトモデルという点で、際の在庫況はもっと見守らなければならいます。外従来の車と大きな化がないのに、ユニバースと同にAEBSのためのレーダーの取り付け位置が示されている点が唯一の更点です。

DSC_8358.jpgニューグランバードシルクロードプレミアムゴールドエクスプレスは、韓で開された座席を適用しています。基本的には現代自動車ユニバースプレステージの座席と同の機能を持っています。一部の機能では、多少の差を見せているが、電動調節式背もたれとレッグレストのほか、ヘッドレストまで電動で調節することができます。携機器の無線充電器を設置している点は、印象的な点とすることができます。ユニバースにはあるカーテンをグランバードには適用していないことも違います。

DSC_8313.jpgDSC_8378.jpg

エス・モーターズ​

エス・モーターズは、昨年、ソウル際モーターショーで一般にく知られている社で、メルセデス・ベンツの小型商用車スプリンターボディビルダーです。エス・モーターズで披露した車は、すべての6種で、バスは「VIP-11」、「Luxury-17」、「LF-15」、「KG-27」の4種です。

DSC_8200.jpgVIP-11は、儀典用のミニバスで「動くVIPルーム」をモットーとするエス・モーターズの最高級モデルです。儀典用車らしく運席と客の搭スペースは隔壁を介して完全に分離して、フルエアサスペンションを使用して、優れた防音と防振特性を見られるとします。客搭スペースには、43インチのスマートTV、ハーマンカードン(harman/kardon)音響システムを備えており、TVにはHDMIとUSB入力が可能で、移動間プレゼンテーションなどが可能です。客席は電動で背もたれ、レッグレストなどの操作が可能であり、安全ベルトは合車で一般的に使用される2点式ではなく、用車で使用される3点式を使用しており、事故時の客をより安全に保護します。

Luxury-17とVIP-11は、同じ車を使用しますが、客の搭空間と運席が分離されていません。座席には、折りたたみ式のテーブルとUSB充電口が設置されています。また、通路側の席は左右スライド機能があり、格の大きい人がんで座るときも肩がぶつからずにに行くことができるようにしています。工場出荷後に追加着が多いアンプとイコライザーが埋め立て着可能な点は、主需要層に反が良いと思われます。KG-27は、Luxury-17に子供の格に合わせた座席を適用して23人の子供1人の引率者が搭可能な客搭スペースを備えています。

DSC_8183.jpgLF-15は中型低床バスとして、14個の客席と2つの車いす固定置を備えています。客搭部は中扉と後扉部分のみ低床面となっており、その間の空間は、高い形で製作されています。低床面が前扉で中扉までいていた存の低床バスとは異なる構造を持っているが、室空間35%以上が低床面積でなければならないという韓の低床バスの基準には適合して、低床バスで認められるものと期待しています。LF-15は、従来の大型低床バスが運行しにくい農バス、マウルバス(コミュニティバス)などの低需要路線にも投入が可能で、交通弱者、特に老人口の公共交通機の利便性を向上させることができるものとなります。

 

MAN Truck & Bus Korea

のモーターショーでは、初めて加したMAN truck bus Koreaは、新型中型トラックTGMを表しました。韓国内トラック製作社2社が占していた中型トラック市場は、輸入社が加勢して熱く盛り上がっています。

展示車はトラックだけだったが、展示場一角には、バスの写真と一にバス報物を備えておきました。報物に出てくるバスは、2つの車種で低床バスと天井オープン光バスです。低床バスは、CNGバスとして12mの長さに3つのドアを備えています。敷居が高い韓の市バス市場に入することができるのか期待されます。天井オープン光バスは、オープントップバスは2階建てバスのみ適用される先入皮したアイデアでシティツアーバス市場に新たなジャンルを開拓することになります。

 

ノーブルクラッセ​

ノーブルクラッセは、 起自動車のカーニバル(北米輸出名:Sedona)をVIP用に製作したチューニングメーカーで今回の展示では、現代の商用車ブースとんで出てソーラーティーハイエンド車を展示しました。コンセプト車であるため、詳細な仕部の子は確認しにくかった。しかし、正式リリースの可能性が高いとするので、近い将来に輸入VIPミニバスとの競になると思われます。

以上で2016釜山際モーターショーに出品した業者とバスを簡明しました。第2部では、詳細な写真と一に車をもっと詳しく見てみましょう。

Text by Ilmin Park
Photo by Minsung Kim
Edited by Wonho Choi


About Our Magazine

Buslife is a Online Magazine especially for Bus Industries and Busfans. Since 2000, We have wrote many articles about buses in South Korea. From the year of 2012, Buslife has serviced for worldwide. If you have any question, please inform to me. wonho.choi (at) buslife.de

Login
Lost your Password?
Registration Login
Sign in with social account
or
A password will be send on your post
Registration Login
Registration